勤労学生控除とはなに?失敗しないための節税知識

勤労学生控除とは何か知っていますか。せっかく節税できる制度があるのに、知らなかったために活用できなかったという失敗がないように勤労学生控除について知っておきましょう。不要に与える影響はどうなるか、手続きをどうすれば良いのか見ていきましょう。






1)勤労学生控除とは

勤労学生控除とは、働いている学生が、1年間で一定額以下の給与所得があった時に受けることができる税額控除です。この働いている学生のことを勤労学生と言います。アルバイトの学生であっても勤労学生に該当します。この控除を受けると、103万円の壁を取り払うことができるというメリットがあります。

2)勤労学生控除での学生の範囲

勤労学生とて、そもそもどんな人のことを言うのでしょうか。普通にアルバイトをしている大学生や専門学校生が皆、勤労学生になるのでしょうか。この勤労学生控除での学生の範囲は、次の特定の学校の学生、生徒を指します。ほとんどの学校に通っている人が、条件に適合されますが、不安な場合は学校の窓口で確認してください。

【1】小学校、中学校、高等学校、大学、高等専門学校に通う人

学校教育法に規定する小学校、中学校、高等学校、大学、高等専門学校などは対象になります。

【2】専修学校又は各種学校のうち一定の過程を履修させる人

国、地方公共団体、学校法人等により設置された専修学校又は各種学校のうち一定の過程を履修させる人は、対象になります。

【3】認定職業訓練を行う職業訓練法人で一定の課程を履修させる人

職業能力開発促進法の規定による認定職業訓練を行う職業訓練法人で一定の課程を履修させる人は、対象になります。

指差す女性

3)勤労学生控除を受ける条件は何?

勤労学生控除を受ける条件には、どの様なものがあるのでしょうか。それは、次の3つの要件全てに当てはまる必要があります。

【1】特定の学校の学生、生徒であること

この条件については、上記の「(2)勤労学生控除での学生の範囲」で紹介した条件を満たしている必要があります。

【2】合計所得金額が65万円以下で、更に下記【3】に基づく所得以外の所得が10万円以下であること

例えば、学生が1年間で130万円の給与を受け取った場合、給与所得控除として65万円が引かれます。この際、合計所得金額は65万円となり、勤労学生控除が受けられます。

【3】勤労所得が学生である納税者本人の勤労による所得であること

事業所得、給与所得、退職所得、雑所得以外の所得を指します。加えてこの所得とは、株の取引による所得やアフィリエイトの報酬なども対象となります。

4)勤労学生控除を使うメリット

通常であれば、1年間の給与所得が103万円以上ある場合には所得税が掛かります。所得税には38万円の「基礎控除」と、最低65万円の「給与所得控除」がありますが、1年間の所得の合計が103万円以下である場合には、課税の対象になる所得が0となります。その結果、所得税が掛からないということです。

そして、勤労学生控除が適用される場合には、先述の「基礎控除」および「給与所得控除」に加えて、27万円の控除を受けることができるのです。つまり、38万円の基礎控除+65万円の給与所得控除+27万円の勤労学生控除=130万円の控除を受けることができます。その結果、勤労学生控除を受けると1年間の給与所得が130万円以下であれば、所得税が掛からないということです。

勤労学生控除を受けなかった場合、年収130万円のときの所得税は13,500円であるため、その分だけ節税できるということになります。

人差し指を立てるビジネスマン

5)勤労学生控除を受ける際の注意点

勤労学生控除には稼げる年収の限度額が増えるというメリットがあります。しかしその一方で、注意点もあります。それは、親が払う税金が増えるという点です。勤労学生控除を受けることで、扶養控除の対象外となります。

学生は多くの場合、親に養われている税法上の「扶養家族」の状態です。しかし、アルバイトなどで学生の年収が103万円を超えた場合には、扶養家族の対象から外れます。勤労学生控除を受けることで、学生自身は所得税、住民税ともに非課税になりますが、親の納税額が増えてしまうということです。もし、自分で税金を払わず、親の税金も増やすこともしたくない場合は、アルバイトの収入を103万円以下に抑えましょう。

更に手続きが増えるという注意点もあります。勤労学生控除を受けるためには、年末調整や確定申告などの手続きを行う必要があります。その様な手間が増える点も気に留めましょう。自分が対象となる3つの条件を満たしているかどうかを確認し、アルバイト先に申告したり、書類を用意したりする必要があるのです。

6)勤労学生控除を受けるための手続きは?

勤労学生控除を受けるためには、どの様な手順が必要なのでしょうか。2つのケースを見ていきましょう。

【1】一箇所で働いており年末調整で申告する場合

年末調整で申告する場合には、アルバイト先に「勤労学生控除を受けたい」という旨を伝える必要があります。年末調整の際に、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」の「障害者、寡婦、寡夫又は勤労学生」の欄にある勤労学生の項目に印を付けて会社に提出します。

【2】アルバイトを掛け持ちしている学生の場合

アルバイトを同時に複数掛け持ちしている人の場合には、複数の会社から受け取っている給与をまとめて自分で記録して、確定申告を行う必要があります。「勤労学生控除」に関する事項を記載した確定申告書を、税務署に提出する必要があります。専修学校、各種学校、職業訓練学校に通う人の場合には、在学証明書などの証明書を一緒に提出する必要があります。

はてな

7)勤労学生控除に関するQ&Aコーナー

【1】勤労学生控除を利用せずに扶養控除を外れるとどうなるの?

勤労学生控除を利用せずに、扶養控除を外れるとどうなるのでしょうか。まず、学生本人に所得税、住民税が掛かるようになります。なお、国民年金を払っている場合には、その分を控除できるため申告すれば税金を減らせます。加えて、親の所得税や住民税が増税となります。また、税金ではありませんが、親御さんの健康保険を扶養者から外れます。それに親御さんが、所得税の扶養者控除を受けられなくなります。親御さんの会社の制度によっては、扶養者手当てなどが受けられなくなるため注意が必要です。

【2】勤労学生控除と扶養控除は併用可能なの?

勤労学生控除と扶養控除は併用可能なのでしょうか。これには2つの観点があります。一つは学生自身の観点。もうひとつは、親御さんの観点です。学生自身の勤労学生控除の適用条件と、親御さんの扶養控除の適用条件は異なるため、この二つを併用することはできないのです。

【3】勤労学生控除に年齢制限はあるの?

勤労学生控除に年齢制限はあるのでしょうか。実は、勤労学生控除の適用に、年齢制限はありません。勤労学生の条件に当てはまれば、年齢に関係無く控除を受けることができます。ただし、社会人学生などの場合には、所得条件を超えてしまうこともあるので、自分の立場を事前に確認しておくことが必要です。勤労学生控除に当てはまるかどうか確認したい場合には、自分の通っている学校の窓口に確認をしましょう。






まとめ

勤労学生控除とは、働いている学生が、1年間で一定額以下の給与所得があった時に受けることができる控除です。この働いている学生のことが勤労学生です。アルバイトの学生であっても勤労学生です。控除を受けると、103万円の壁を取り払うことができます。

参照

ママのおしゃべりブログ(https://kiki-kiki-kitchen.com/)
気になるノート。(https://yakunitatta.info/)
国税庁(https://www.nta.go.jp/)
Seven Rich会計事務所(https://sevenrich-ac.com/)
TOWN WORK(https://townwork.net/tokyo/)
freee(https://www.freee.co.jp/)
Money Forward(https://biz.moneyforward.com/)
ラジオねこきっく(https://nekokick3.com/)
fincle(https://fincle.jp/)
書庫のある家(https://shokonoaruie.com/)
ノマド的節約術(https://nomad-saving.com/)

The following two tabs change content below.

髙村健一

1973年4月26日神奈川県生まれ。髙村税理士事務所代表・株式会社トラストコンサルティング代表取締役。オーナー系企業・個人の富裕層向け税務コンサルティング、アドバイザリー業務を得意分野とする。LEC東京リーガルマインドの講師など、全国で講演活動やセミナーを実施。研修講演等実績:大同生命・ジブラルタ生命・三井住友海上あいおい生命・アクサ生命他。執筆実績:清文社「間違わない事業承継Q&A」(共著)・観光経済新聞社「税肉を落とす」日本金融通信社「ニッキンマネー・節税のノウハウ」他

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1973年4月26日神奈川県生まれ。髙村税理士事務所代表・株式会社トラストコンサルティング代表取締役。オーナー系企業・個人の富裕層向け税務コンサルティング、アドバイザリー業務を得意分野とする。LEC東京リーガルマインドの講師など、全国で講演活動やセミナーを実施。研修講演等実績:大同生命・ジブラルタ生命・三井住友海上あいおい生命・アクサ生命他。執筆実績:清文社「間違わない事業承継Q&A」(共著)・観光経済新聞社「税肉を落とす」日本金融通信社「ニッキンマネー・節税のノウハウ」他