税理士になるにはこの手順!税理士を開業するまでの4ステップ

税理士試験の合格を目指す多くの方が、実務経験の実績づくりを兼ねて会計事務所や一般企業で働きながら、数年かけて合格を目指すのが一般的です。そのため、資格試験の勉強だけでなく、独立後のことも想定して、多くのことを吸収し学んでいく姿勢が重要となります。そこで、税理士試験から独立開業までのステップを具体的に説明していきます。






1) 税理士になるための方法について

【1】税理士試験を合格

税理士になるには、税理士試験に合格し、2年以上の実務経験を積むのが一般的な方法です。税理士試験は年に1回開催され、全11科目中、会計科目2科目、税法科目3科目の計5科目に合格すれば、税理士資格を取得できます。しかし税理士試験は1回の受験で5科目すべてに合格することは難しく、数年かけて合格する方が一般的です。

【2】大学院に通って科目を免除

大学院で勉強し、修士号を取得するなどすることで、税理士試験の科目を一部免除してもらうことができます。所定の大学院に2年間通うことで、会計科目の2科目免除を受けられたり、税法1科目の免除が受けられます。

最大、4年間通うことで3科目まで免除が受けられます。しかし残り、2科目は税理士試験を受けて科目合格しないといけません。

【3】税務署に長期勤務で税理士登録する

税務署に23年以上勤めることでも、退職後に税理士となることができます。税理士全体の平均年齢は約60歳と言われていますが、それは、税務署OBの人が税理士全体の約半分を占めていること大きな理由となっています。

【4】弁護士・公認会計士による税理士登録

弁護士や公認会計士は要件をそろえれば税理士登録をする事ができます。弁護士の人はあまり多くありませんが、公認会計士で税理士登録されている人は多くいます。公認会計士は本来、会計監査が主業務ですが、個人として開業して監査の仕事を受けるというのは大手監査法人が受けることがほとんどで難しいため、大手監査法人に勤めるか、税理士登録をして税理士の仕事をしている場合が一般的です。

START UP

2)税理士の開業までの流れとは?

【1】.ステップ1:試験合格

税理士試験の申込期間は例年、5月中旬~下旬、試験日は8月上旬の3日間に実施されています。そして、例年、12月中旬に合格結果が通知されます。税理士として名乗るには、日本税理士会連合会に登録する必要がありますが、税理士会登録には通算して2年以上の実務経験が必要となります。

【2】ステップ2:実務経験

税理士試験の合格者は、日本税理士会連合会の税理士名簿への登録が必要になりますが、その際に実務経験があることが求められます。実務経験と認められるには、租税または会計に関する事務のうち、所定の業務に従事した経験が通算して2年以上あることが必要です。そのため、税理士試験での合格を目指して勉強しつつ、会計事務所などに勤務して実務経験を積むのが一般的です。

ここでも、将来的な独立開業に向けた情報収集は大切です。実務を経験しながら、その事務所はどのように業務を行っているのか、経営や人員の体制などをよく観察するようにしましょう。そうした知見が、後に自分が独立開業する際の参考事例となります。

実務経験は、税務処理のスキルを磨くのはもちろん、人的ネットワークを築くためにも必要な時期になりますので、誠実に、そして真摯に仕事に取り組むことで、事務所の所長や上司、クライアントなど、あなたの未来を応援してくれる人が着実に増やすことが必要となります。

【3】ステップ3:登録申請

税理士試験に合格し、実務経験に必要な要件を満たすことで、税理士名簿への登録を申請することができます。登録の際は、日本税理士会連合会の税理士登録申請書に必要事項を記入し、さらに必要書類を添付して提出します。

必要書類については細かい規定が設けられているので、必ず日本税理士会連合会のウェブサイトで確認が必要となります。また、その際に自分が独立開業を検討している方でしたら、どのエリアで、どのくらいの税理士がいて税理士法人があるのか、日本税理士会連合会のサイト内で検索して調べることもできます。

同業者が少ない地域かどうか、またクライアントとなりそうな企業が多い地域かどうかということも含めて、検討することができます。登録申請書が受理されたら、最終的に申請先である各エリアの税理士会による面接や必要な調査が行われます。その結果、登録適当と認められれば税理士名簿に登録され、同時に官報に公告されます。

【4】.ステップ4:独立開業の知識

独立開業にどのような準備が必要なのか、独立前後にどのようなことをすべきなのか、なかなかイメージしづらいことと思います。しかし独立開業にあたっては、事前に必要なノウハウを学ぶ必要があります。必要な情報の集め方としては、書籍やインターネットから学ぶ方法のほか、先輩税理士から経験談を聞いたり、税理士の独立開業に特化したセミナーなどに参加したりする方法があります。

また、日本税理士会連合会のHPで、「税理士 登録・開業の手引き」が公開されています。税理士の登録並びに開業にあたって留意すべき点が網羅されているので、ご一読をおススメします。

男性 ビジネスマン

3)税理士が独立開業するための費用を考えてみよう

税理士が独立開業するための費用は、どのくらいの規模の事務所を開業するかによって大きく異なります。予想もしない出費で開業後に慌てないためにも、独立開業にかかる費用について事前によく調べておく必要があります。

【1】税理士の登録費用と会費

税理士登録には、最初に登録免許税60,000円と手数料50,000円がかかります。さらに、税理士会は、各地方のブロック、そしてその下に位置する支部など、細かく組織が分かれており、ブロック、支部双方に会費を支払う必要があります。

会費の金額は、各税理士会によりバラバラなため、入会する支部によって必要な初期費用も異なります。例えば、東京税理士会ですと、入会金40,000円と会館建設費20,000円、年会費81,000円、支部会費(支部によって異なるが目安は30,000円)を合わせた金額が税理士会入会にかかる初期費用となります。

登録費用は一度支払えば終了ですが、ブロックや支部に収める年会費は毎年かかります。さらに、提出書類に「本籍記載のある住民上の写し」や「本籍地の市町区村が発行した身分(身元)証明書」なども必要になるため、これらの発行にかかる費用も必要となります。

こんなに維持費がかかるのに、税理士会に入会するメリットはあるのかと疑問に思う方もいるかと思います。しかし開業を目指すのであれば、税理士会での最新の税務知識や会計基準を学ぶ研修会などは重要な情報源となります。税理士の業務に必要な知識を学ぶこれらの研修は、税理士会に所属していれば低価格で受講することができます。また、税理士同士の人脈づくりにもなりますので、上手に活用するとよいです。

【2】事務所の賃貸料その他

オフィスを構える場合、自宅開業、レンタルオフィス、賃貸事務所のおもに3つの形態があります。税理士事務所の将来的な事業規模やフェーズによって、のちに形態を変更する場合もあることを想定して計画するとよいです。

(1)自宅開業

一番コストがかからない方法が、自宅開業です。自宅で開業する場合は、開業にあたって自宅を転居する場合を除き、敷金・礼金・仲介手数料・前家賃などの初期費用が不要です。そのため、オフィスにかかる初期費用をゼロに抑えることも可能です。また、事業使用の割合範囲で、家賃の一部を経費計上できるメリットもあります。

(2)レンタルオフィス

最近増えているのが、レンタルオフィスを利用する方法です。レンタルオフィスとは、業務を行うために必要なイス・机・電話・インターネット環境・家具などが事前に備えられたオフィスです。個人事務所の形態で独立する場合には、一人で事務所を始める場合が多いと思いますが、レンタルオフィスの場合、必要最低限のスペースを借りるだけなので、月の家賃を20,000~30,000円台に抑えることも可能です。

また、複数の会社が共同で借りるコワーキングスペース(シェアオフィス)であれば、初期費用も月の家賃以外に共益費2ヵ月分程度+入会金程度なので、ランニングコストを軽減できます。さらに、レンタルオフィスは、一等地である駅前などにある場合が多いので、クライアントを迎えるには好都合と言えます。

(3)賃貸事務所

初期費用が最もかさむのが、賃貸事務所です。オフィスの賃貸料は、通常坪単価で表示されます。例えば、渋谷区原宿近辺の20~30坪の事務所で坪単価約20,000円、中野区の中野坂上近辺では約9,000円と、地域により大きな差があります。

さらに、一般的に事務所を借りる場合には、家賃の6ヵ月分の保証金、前払い賃料、仲介手数料などで、家賃の8倍程度の初期費用が必要になります。顧客からの信用度を考えると、一等地にオフィスを構えたいところで、なぜならそれだけで信用につながるからです。

しかし、資金には限りがありますから、無理をして最初から一等地に借りるよりも、「まずは自宅で開業し、事業が軌道に乗ったら賃貸事務所に引っ越そう」「しばらくの間、レンタルオフィスで仕事をして、必要な資金を貯めよう」など、臨機応変に対応することをおススメします。

【3】税務・会計ソフト代

独立開業に際しては、税務および会計・税務のシステムソフトが必要になります。会計・税務のシステムソフトには、インストール型のパッケージ型と、インターネットにつなげて使用するクラウド型があります。パッケージ型はソフトを買い取ることになるので、費用は1回で済みます。初期費用はかかりますが、トータルコストではクラウドタイプよりコストを削減できる場合が多いです。

デメリットとしては、特定の場所やデバイスからしか利用できないことと、運用管理やバージョンアップの対応に手間がかかることです。料金は、10,000円程度のものから15万円以上のものまで、機能や性能などによりかなり幅があります。

一方、近年利用が増えているのがクラウド型です。インターネット環境さえあればいつでもアクセスでき、PCに限らず、さまざまなデバイスからアクセスができて、情報を管理しやすいのが特徴です。クラウドの場合は年間利用料を払う形式のものが多く、月額料金は目安になりますが、300円程度から3,000円程度のものまで、こちらもかなり幅があります。金額、操作性、機能など、あらゆる面から検討して、税務処理に不可欠な会計ソフトを選択するとよいです。

【4】営業・マーケティング費用

独立開業すれば、クライアント獲得のための新規営業やマーケティングは必須です。営業やマーケティングにかかる費用には、次のようなものがあります。

・名刺:100枚で1,000円程度

・ウェブサイトの開設:20万〜100万円(自作すればコストはほとんどかからない)

・チラシ印刷:20,000〜30,000円

・ロゴ制作:20,000円〜30,000円(自作すればコストはほとんどかからない)

独立開業に際しては、これ以外にもハンコ(実印・銀行印・法人印など)の製作費、備品の調達代金、広報宣伝費(パンフレットの制作費や発送代など)、ウェブサイトの広告宣伝費、パソコンやプリンターなどのIT関連機器の費用、そして社会保険の費用などがかかります。

棒グラフ

4)開業税理士と勤務税理士の年収比較

独立開業に際してやはり一番確認が必要なのが、税理士法人などに所属する税理士よりも儲かるのかという点です。そこで、税理士の気になる年収について確認していきます。

【1】独立開業を果たす最大のメリット

開業独立によってどの程度の収入が見込めるのか。勤務税理士との年収の違いをみていきます。独立開業をする一番のメリットは、なんと言っても収入UPが見込めることです。顧客を増やし、事務所の規模を拡大し、さらには関連書籍を出版したり、セミナーの講師を務めることで、さらに多くの売上を見込むことができます。

知名度が向上し、税務のプロとしてテレビ出演をする可能性だってあり得るのです。しかも、独立開業の場合は、定年退職がありません。自分のペースで長く仕事を続けることができるのも、独立開業のメリットの1つです。もちろん、長く仕事を続け、多くの収入を得るには、その分、努力が必要です。他業種の人と積極的に交流を図り、日頃から専門知識を学ぶことや、コミュニケーション力と向上心が不可欠です。加えて、事務所の経営に関する知識も求められます。

「人と関わるのは苦手」「人を雇うよりも、人に雇われた方が楽」といった考えをもっている方は、独立開業した後に、「自分に向いていないのかもしれない」と後悔することになりかねません。

【2】所属税理士の平均年収

勤務税理士はどの程度の年収は個人差がありますが、平成29年の厚生労働省ではおおよそ813万円になります。この数字からわかるのは、苦労して開業しても、「所属税理士時代よりも所得が下がってしまった」ということもあり得るということ。

これをどのように捉えるかは、人それぞれですが、「勤務税理士時代よりも所得が下がったが、自分のペースで仕事ができているので満足している」と捉える人もいれば、「収入UPのために開業したのだから、このような額では満足できない」と思う人もいるかと思います。

しかし、その年の所得が所属税理士時代よりも少なかったとしても、その後の努力で盛り返すことができるかもしれません。開業税理士なら、経営方針を自分で決め、自分の考えで行動できるからです。

【3】開業税理士が収入UPを狙うには?

では、開業税理士が収入UPを実現するために、どのような取り組みが必要なのでしょうか。顧客数や提供するサービスに大きな変化がなければ、開業税理士の収入はそれほど大きな変化はありません。収入UPに繋げるには、「顧客数を増やす努力」が必要です。

もちろん、顧客数に変化がなくても、コンサルティングなど提供するサービスを拡大することでも年収UPが狙えます。そして、顧客との関わりを大切に育むこともまた、収入UPを実現する大切な要因となります。

実際、あなたの仕事ぶりを評価した顧客が、「知り合いが会社を興すことになってね、ぜひ君にお願いしたいんだ」と、新たな人脈を紹介してくれるかもしれません。

手を取り合う

【4】税理士が独立開業するメリットとデメリット

次に税理士が独立開業した場合のメリットとデメリットにはどのようものがあるのか、具体的にご紹介します。

(1)独立開業のメリット

開業税理士は、能力次第で高い収入が得られる可能性があります。高収入を得られるのは、良いクライアントに恵まれている場合が多いのですが、そうしたクライアントを見つけて開拓できる営業の適性があるかどうかも、大切なポイントです。

また、健康であれば、定年を気にせずに生涯現役で働き続けることも可能です。平均年収だけではなく、生涯収入という観点から考えると、所属税理士との収入の差はより鮮明になります。

さらに、セミナーの講師や著作活動など、本業以外で稼ぎやすくなるのも、独立開業する税理士のメリットとして挙げられます。開業税理士のもうひとつのメリットは、自分のペースで仕事ができ、時間を自由に使えるということです。

いつ仕事を行い、いつ仕事をしないのかを自分自身で決めることができますが、ルーズに仕事をしていては顧客がつきません。また、経営が安定して軌道にのれば、クライアントを自分で選択できることも大きなメリットといえますし、良いクライアントの仕事を受託し、良くないクライアントの仕事は断ることで、業務の効率化が図れます。

(2)独立開業のデメリット

税理士として独立開業すれば、営業をかけなくても自然とクライアントがつく時代もありましたが、現在は難しい時代になっています。税理士事務所から独立したとしても、担当顧客を持っていくことは禁止されている場合が多く、そればかりか営業エリアがバッティングすることを懸念して、独立開業を嫌う所長も少なくありません。

そのため、新規クライアントの獲得に営業努力が欠かせません。しかし、営業という仕事は、税理士としての専門性とはまったく異なるセンスが要求されますので、営業が得意な税理士であれば、それが良いクライアントの獲得に結び付き、高収入を得られるというメリットにもなります。

営業が苦手な税理士にとっては、新規顧客の獲得がなかなか容易にできず、経営にも影響して、所属税理士のときより低収入になってしまいます。税理士の独立開業は、うまくいけば高収入が得られますが、クライアントがうまく見つけられなければ収入は不安定となり、顧客獲得のために苦手な営業が必要になります。そうして低収入な状態が続けば、経営不振となり、廃業に追い込まれるリスクが高くなるのです。

また、自分の代わりがいないということも、デメリットとして挙げられます。独立開業の当初は、個人事業主として事務所を構える場合がほとんどです。自分の代わりとなる人がいないため、体調を崩しても休めず、無理をしてしまうという悪循環に陥る危険性もあります。長期入院という事態にでもなれば、その間にクライアントを失ったり、収入が途絶えてしまったりというリスクもあります。

勤務税理士であれば、有給休暇や介護休暇、育児休暇などがありますが、事業主である開業税理士にはそうしたものはありません。自分が病気などで倒れてしまえば、最悪の場合、事務所をたたまなくてはいけなくなるでしょう。また、親の介護などでどうしても事務所を維持できなくなるといった、不測の事態が起きないとも限りません。人を雇えば雇ったで、その人たちの生活を保証していかなければならないというプレッシャーも生じます。

さらに、税理士事務所の所長ともなれば、業務上のすべての責任を引き受けなければなりません。提出した確定申告書に何らかの誤りがあれば、それを修正して再提出する必要があります。あるいは、クライアントを守ろうとして指南したことに対して、のちに刑事責任を問われたり、賠償責任が生じたりといったケースも実際に発生しています。

【5】独立開業の成功のコツ

税理士は、独立開業に向いているといわれています。なぜなら、製造業などとは異なり、設備投資が少額で済み、売上が上がる前に材料を購入するための借入れをしたり、在庫を抱えたりする心配がないからです。自宅で開業するとなれば、事務所費用さえかからないため、飲食業で独立するときのように設備投資で借金をして、経営に失敗したら借金だけが残るというリスクも低くなります。

それでも、独立開業するとなれば、やはりリスクとは無縁ではいられません。税理士が独立開業して成功するにはどうしたらいいのか、そのコツについて確認していきます。

(1)自分の得意分野を明確にする

長期的に続ける上で重要なことは、飲食店と同様に、税理士も自分の得意分野を明確にすることが必要です。つまりウリを作り、特定分野のスペシャリストになることで、顧客の信用を獲得できます。

(2)付加価値のあるサービス提供

税理士の場合、1人で抱えられる案件の数には限界があります。そのため、薄利多売のような仕事の仕方では、結果的に自分の首を絞めることになります。それよりも、きちんと適正価格を提示し、価格よりも付加価値のあるサービスを提供できるような税理士を目指すことをおススメします。

(3)営業力を身に付ける

税理士が独立開業する場合、営業は不可欠な仕事と割り切ります。人による接遇サービスが苦手であっても、近年ではウェブサイトなどを通じて顧客を獲得できる場合もあります。マーケティングをしっかりと考えながら、自分のスキルと顧客のニーズに合わせた営業をすることも大切です。

インターネットで調べてから相談に行くことは一般的になっています。そのため営業力の中には、ホームページなどの精度も一つの要因となっています。今後もその傾向は増してくることは間違いありません。






まとめ

・税理士になるには、税理士試験の5科目合格し実務経験を2年積むことが一般的な方法ですが、大学院で一部試験の免除や税務署に長期間勤務することでなることもできる。

・税理士になると、登録費用や会費がかかるだけでなく、開業となると事務所の費用や会計ソフト、マーケティング費用などさらに費用がかかるため、事前の資金準備が必要である。

・勤務税理士と開業税理士とのメリット・デメリットをしっかり把握し、方針をしっかり立てておくことが必要である。

・独立するには、開業準備以外にも、顧客確保のための営業準備が最も重要となるため、営業戦力をしっかり持ち、特定分野のスペシャリストを目指すことが重要である。

The following two tabs change content below.

髙村健一

1973年4月26日神奈川県生まれ。髙村税理士事務所代表・株式会社トラストコンサルティング代表取締役。オーナー系企業・個人の富裕層向け税務コンサルティング、アドバイザリー業務を得意分野とする。LEC東京リーガルマインドの講師など、全国で講演活動やセミナーを実施。研修講演等実績:大同生命・ジブラルタ生命・三井住友海上あいおい生命・アクサ生命他。執筆実績:清文社「間違わない事業承継Q&A」(共著)・観光経済新聞社「税肉を落とす」日本金融通信社「ニッキンマネー・節税のノウハウ」他

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1973年4月26日神奈川県生まれ。髙村税理士事務所代表・株式会社トラストコンサルティング代表取締役。オーナー系企業・個人の富裕層向け税務コンサルティング、アドバイザリー業務を得意分野とする。LEC東京リーガルマインドの講師など、全国で講演活動やセミナーを実施。研修講演等実績:大同生命・ジブラルタ生命・三井住友海上あいおい生命・アクサ生命他。執筆実績:清文社「間違わない事業承継Q&A」(共著)・観光経済新聞社「税肉を落とす」日本金融通信社「ニッキンマネー・節税のノウハウ」他